“フリーランサー
キャリバーRW1212”

“RAYMOND WEILは、最高級のスイスの時計製作の伝統に合わせて、新しい動きを生み出して革新を起こしています。 その独特な特徴は、調節器官の6時のフロント・ダイヤルの配置です。
Grand-Lancy Genevaの本社の郵便番号に敬意を表しているキャリバー RW1212は、レイモンド・ウェイルの創作40年と時計の専門知識の豊富さを強調するブランドの決意を賞賛しています。 ”

ブランド&価値

音楽にインスパイアされたウォッチメーカー

レイモンド・ウェイルは、時計作りの卓越を極めるべく常日頃尽力し、ノウハウと専門性を活用して、垂涎の的であるスイスメイドのラベルに求められる条件に合うよう取り組んでいます。こうした知識と情熱がウィル家において世代を超えて受け継がれていますが、音楽愛も同じく代々伝えられています。音楽は常にレイモンド・ウェイルのDNAにおいて不可欠な要素となっています。あらゆるジャンルで音楽業界に関わるようになって35年を過ぎますが、このスイスのウォッチメーカーは、音楽家が傑作を作曲するようにタイムピースを作ります。

インスピレーション

“このスイスのウォッチメーカーを常にインスパイアしてきたものに対するオマージュとして新たに制作された映画『Precision is my Inspiration(精密さが私のインスピレーション)』は、時計作りそして音楽という2種類の傑作のクリエーションを喚起します。「時計メーカーである当社は、創業当時からずっと音楽と関わってきました」レイモンド・ウェイル(ジュネーブ)のCEOであるエリー・ベルンハイムはそう語ります。昨日はインスピレーション源だった音楽が、今日は音楽を愛するウォッチメーカーの価値やノウハウ、情熱を伝える手段となります。音楽は当社のマーケティングに不可欠となっています。
レイモンド・ウェイルでのタイムピースの開発において、常に最大の関心事となっているのは、美学です。ブランドとして、人間工学、洗練、現代性を融合させるべく、時計のデザインには細心の注意を払っています。こうした美の追求が他とは違った個性あるモデル作りにつながります。

精密さ

レイモンド・ウェイルブランドは、スイスの高級時計製造業界の優れた要素すべてをまとめ上げています。精密さ、品質、信頼性、格調高さ、素材のテクニカルな特質は、ジュネーブを拠点とするこのブランドによって、モデル製作のために統合された数ある基準となっています。このようなノウハウによって、レイモンド・ウェイルは正統なウォッチメーカー足る存在となっています。精密さとディテールに対するこだわりにより、クリエーションのプロセス全体のトーンが決まります。芸術作品それぞれの根拠に見られるのがインスピレーションであり、卓越を成し遂げるために不可欠な条件となるのが精密さです。

クラフツマンシップ

「スイスメイド」ラベルの使用条件を満たすため、スイスにおいて数世紀の間大切に受け継がれてきた時計製造の技術とノウハウは、レイモンド・ウェイルにおいて利用され、製造と組立のあらゆる段階で素材、部品、職人を選択し新たに生み育てることにおいて反映されています。ジュネーブはスイスにおいて最も一流ウォッチメーカーが誕生し、部品と素材において時計業界トップの専門性を確保できる土地であり、当社はそこにあります。

スイスメイドの品質

“当ブランドの指針の中で特に大切にしているのは、未来に向かう方向性です。この指針は、社内での技術的ノウハウと設備のグレードアップにおいて適用されていて、このためコンピューターを用いた新製品のデザインや製造が可能となり、まさに夢のような方法や素材を使うことができています。当社は、今後着実に進化するために新たな方法やアプローチを常に模索しています。これまで栄光の上にあぐらをかくことなく、新たなものと築く道を選んできました。
美と美しいバランスは偶然出会うものではありません。レイモンド・ウェイルはデザインコンセプトを高品質なウォッチへと変容させ、高度な要求をするお客様に喜んでいただいていますが、それも時計職人の専門性とノウハウそして機械類の精度のおかげと言えます。着想を得てから組立の最終段階となるまで、レイモンド・ウェイルは品質に対して気を抜くことがありません。極めて高度な技術によって、熟練の時計職人の手と目、そして職人が使う伝統的な工具がより際立ちます。時計は一点一点綿密に調べられ、350もの検査をした上でレイモンド・ウェイルの品質ラベルが付けられます。

レイモンド・ウィルへのトリビュート

“レイモンド・ウェイルは、ビジョンを起業へと発展させた素晴らしい人物でした。40年間近く世界的に知られる企業でい続け、世界でもほんの数社しかない同族経営のウォッチメーカーの地位を保ち、類まれなる人物が残したレガシーとなった当社。創業者の孫であるエリー・ベルンハイムが現在はレイモンド・ウェイルのファミリービジネスを統括しています。「マエストロ」コレクションでは人生の仕事に対し相応しい称賛を送りつつ、まさしくユニークな限定タイムピースをお届けします。
レイモンド・ウェイルにオマージュを送るため、世界中のパートナー企業や友人に、「当社創業者を一言で言うと?」という質問に答えていただきました。
答えは次の通りです。

© 2018 RAYMOND WEIL Genève利用規約個人情報保護方針