ページを選択

Frequently asked questions

レイモンド・ウィルのウォッチはどこで買えるのでしょうか?

レイモンド・ウェイルのウォッチは、当社の認定ディーラーネットワークで購入できます。お近くの認定ディーラーの場所を確かめるには、当社ウェブサイトのストアロケーターにアクセスしてください。

どのようにすれば本物のレイモンド・ウィル製ウォッチを購入していると確かめられるのですか?

まず、ウォッチは必ずレイモンド・ウェイル認定ディーラーから購入し、そのウォッチを販売する認定ディーラーが正式に記入し捺印した保証カードを求めてください。レイモンド・ウェイルのウォッチには、すべてそのウォッチだけのシリアル番号が裏面に刻印されています。

レイモンド・ウィルのウォッチはインターネットで販売されていますか?

当社がウォッチを販売しているのは、認定ディーラーのネットワーク経由だけです。そうしたディーラーの中には公式ウェブサイトがあるところもあり、レイモンド・ウェイルのウォッチが販売されている場合もあります。お近くの認定ディーラーの場所を確かめるには、当社ウェブサイトのストアロケーターにアクセスしてください。

修理・点検が必要なレイモンド・ウィルのウォッチはどこへ送ったらいいのでしょうか?

当社ウェブサイトのアフターセールスサービスセクションをご覧いただき、お近くの認定アフターセールスサービスセンターの場所を確かめてください。修繕が保証に基づく対象となっている場合は、一般的に無償で実施されます。修繕が保証の対象外である場合、その代金は修繕の内容や複雑さに加えて必要とされるパーツのコスト次第となります。当社は、まず承認を得るため見積りを提示することなしに、保証対象外の修繕を実施することはありません。保証は、レイモンド・ウェイルS.A.やその代表者から正式な認定を受けていない者が修繕しようとした場合は無効となります。

レイモンド・ウィル製ウォッチのブレスレットを交換したりリンクを少し付け加えたりしたいのですが。どのように手配したらいいのですか?

現地認定ディーラーにウォッチを持ち込んで依頼するだけです。

クロノグラフとクロノメーターの違いはなんですか?

クロノグラフとは、追加針(クロノグラフ針)により経過時間を測定するウォッチです。クロノグラフでは、30分と12時間の加算装置で時間を記録することもできます。クロノメーターは、公認スイスクロノメーター検査協会(COSC)の証明を取り付けるため異なるポジションと温度設定で様々な精度テストを受けたウォッチです。

自動巻きウォッチとはどのようなものですか?

自動巻きウォッチとは、着用者の手首の活発な動きで巻き上げられるものです。ウォッチを身につけている時間が長いほど、蓄えられるエネルギーは多くなります。自動巻きウォッチは、少なくとも一日12時間「活発に」継続して着用されることが求められます。着用者の動作が少なかったりウォッチを定期的に外したりすると、42時間のパワーリザーブが減衰し始め最終的にウォッチは時間が遅れるか停止してしまいます。

自動巻きウォッチが毎日数秒ずつ遅れたり早くなったりするのは通常の現象なのですか?

自動巻きムーブメントはクォーツムーブメントほど正確ではないので、実際に時間が多少早まったり遅くなったりします。自動巻きムーブメントの精度は、温度や湿度、磁場、あるいは単に着用者の活動といった様々な要因で影響を受ける可能性があります。レイモンド・ウェイルのウォッチは、すべて検査を受けており-5秒から+20秒の範囲を逸脱する間隔にはならないようになっています。お手持ちのウォッチが著しく早いか遅い場合は、お近くの認定サービスセンターまで連絡してください。

どのような種類のウォッチワインダーを推奨しますか? また、どのように使えばいいのでしょうか?

レイモンド・ウェイルは、ウォッチワインダーを提供していません。レイモンド・ウェイルの自動巻きウォッチは、すべて(Cyclotest社タイプの)回転式ウォッチワインダーで巻き上げることができます。この種類が、ウォッチワインダーで最も一般的なものです。このワインダーは、ウォッチを回転させることで回転錘を移動させ、メカニズムをリチャージします。当社では、ウォッチを一分間に4回転させることをお勧めしています。こうすれば、ウォッチを5、6時間で十分にリチャージできるはずです。ウォッチワインダーには、特にリュウズを回してメカニズムをリチャージするモデルなど他にも種類がありますが、リュウズを回すタイプのウォッチワインダーはウォッチのメカニズムを損傷させる場合があるのでお勧めしません。

ウィルクラブで登録しようとしたら、ウォッチのシリアル番号が無効だと言われました。自分のウォッチは偽物だということですか?

シリアル番号はシステム上で認識されないことが時々ありますが、あなたのウォッチが偽物だということではありません。この問題に関してサポートが必要な場合は、ウィルクラブまで連絡してください。その際には、シリアル番号を示したウォッチ裏面の写真か保証カードのコピーを添付してください。その後、ウィルクラブが登録の手配を行います。
連絡先メールアドレス:theweilclub@raymond-weil.ch

レイモンド・ウィルのウェブサイトで手持ちのウォッチが見つかりません。自分のウォッチは偽物か販売中止モデルだということですか?

あなたのウォッチが当社ウェブサイトで表示されなくても、偽物や販売中止モデルだということには必ずしもなりません。実際に、当社ウェブサイトでは世界中で手に入るレイモンド・ウェイルの全ウォッチセレクションが掲載されています。当社ウェブサイトで何らかの言及が表示される場合がありますが、それでも認定ディーラーネットワークを通して入手することができます。
お手持ちのウォッチに関してその真正さに懸念がある場合は、認定ディーラーの一店で購入したこと、販売店の名前と住所が記載された保証カードを渡されたこと、それにそのカードの捺印と購入日を確かめてください。また、あなたのウォッチにはその真正さを保証するそれ独自のシリアル番号がケース裏に刻印されているはずです。それでも疑いがある場合は、以下の問い合わせフォームでウォッチのシリアル番号とともにメッセージを送信して確かめることができます。

レイモンド・ウィル旧型ウォッチのスペアパーツはありますか?

スペアパーツに関するお問い合わせは、現地認定ディーラーまでお願いします。

販売中止になったレイモンド・ウィルのウォッチ情報は入手できますか? 査定はしてもらえますか?

販売中止ウォッチの情報を入手する場合は、お近くの認定ディーラーまで連絡してください。レイモンド・ウェイルでは査定を行なっていません。あなたのウォッチの公正市場価額を判断するためには、ウォッチやジュエリーを専門とする査定業者に相談することをお勧めします。

保険をかける目的で手持ちのレイモンド・ウィル製ウォッチ価格を知る場合にはどのようにすればいいのですか?

レイモンド・ウェイルのウォッチ価格情報を入手する場合は、お近くの認定ディーラーまで連絡してください。

保証に含まれる内容と含まれない内容は何ですか?

この限定保証では、購入日から二年間にわたり材料の不備やウォッチ製造から生じた瑕疵がその付保対象となります。
このメーカー限定保証に含まれていないのは以下の項目です:

  • バッテリー、クリスタル、ストラップ
  • 事故、通常の磨耗、過失、誤用、悪用またはレイモンド・ウェイルS.A.かその代表者から認定を受けていない者の介在から発生する損害
  • 紛失および窃盗
  • ウォッチの故障や異常ならびにウォッチの不適切な使用や精度不足、異常、不適合性から生じる付随的または結果的損害賠償

こちらのリンクをクリックして最新保証書を閲読してください。

レイモンド・ウィルのウォッチはどれくらいの頻度で修理・点検に出すべきでしょうか?

ウォッチ機能を最適な状態に保つには、三年ごとにメインテナンスを実施することをお勧めします。詳しい情報については、メインテナンスおよびアドバイスのセクションでもご覧いただけます。

ウォッチの修繕にはどれくらいの期間がかかりますか?

修繕の内容とその複雑さ次第です。この点に関しては、現地認定ディーラーがお役に立てるでしょう。

レイモンド・ウィルのウォッチが長期にわたり確実に機能し続けるためにはどのようにすべきでしょうか?

1. ウォッチを柔らかい乾いた布で常にきれいにしてください。
2. 香水、酒類または石油製品は、シールやストラップ、ケース/ブレスレットに害を与えるかもしれないため接触は避けてください。
3. 時針/日付を変える際に使用するリュウズはいつでも必ず適切に押し込む、および/または回すようにしてください。これで水や埃の侵入が防げます。
4. かき傷をつけるとケースやブレスレットにゆくゆく影響が及ぶ場合があるため、剥離・磨耗は避けてください。
5. 激しい肉体労働をする場合は、ウォッチを外してください。
6. ウォッチにレザーストラップがついている場合は、あまりにもきつく締めて着用したり防水でない限り水にさらしたりしないでください。
7. ウォッチを温度の急激な変化にさらさないでください。
8. 着用しない時は、ウォッチを涼しい乾燥した場所で保管してください。
9. バッテリーがもつのは三年までです。ウォッチに新しいバッテリーが必要な場合は、消耗した電池がムーブメントを傷める可能性があるためすぐ交換してください。
10. 防水モデルのシールは少なくとも2年ごとにチェックし、ウォッチを入浴中にも着用する場合は防水性を確かめるため毎年行ってください。
11. 修理・点検やその他の必要な修繕の際は、ウォッチをレイモンド・ウェイルの正規代理店に返却しなければなりません。

レイモンド・ウィルのウェブサイトでアカウントを設定したのですが、確認Eメールを受領していません。どのようにしたらいいですか?

1. スパムメールやジャンクメールのボックスを確認してください。確認Eメールが自動的に仕分けられている可能性があります。
2. あなたのEメールアドレス表記が間違っている可能性があります。この場合は、新たなアカウントを設定することをお勧めします。

ウォッチのシリアル番号はどこで確認できるのですか?

シリアル番号は、ウォッチのケース裏で確認できます。シリアル番号は、1文字とそれに続く6桁の数字で構成されています(例:X123456)。

自分のウォッチを登録しようとしたのですが、シリアル番号が認識されませんでした。どうしたらいいでしょうか?

たとえシリアル番号が認識されなくても登録は可能だという点に留意してください。
www.raymond-weil.jp/register and create your accountにアクセスして、アカウントを設定するようお願いします。すべての手続きを完了することが重要です。あなたのウォッチの真正さを確かめるには、ケース裏の写真かはっきりと識別できるシリアル番号が表示された保証カードの写真を以下の連絡先まで送付してください:
theweilclub@raymond-weil.ch

お問い合わせ

© 2018 RAYMOND WEIL Genève利用規約個人情報保護方針